ヒヤシンスのある風景

歯ブラシだけを持って、色々な街を見て歩きたい
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
煙草
夫はヘビースモーカーです。

親戚にも、母にも煙草を辞めたらといわれています。



父がまだ生きていた時、
私が実家に久しぶりに帰ったときのこと。


父は私の顔を見て、
煙草を吸うポーズを見せた。
父は私が煙草を吸うことを知らなかったはずなのに。


父は私に、
プカーっと煙草を吸うポーズを見せた。




どうせ、近いうちに父が死ぬことを分かっていれば、
私は父に煙草を吸わせてあげればよかったのではないかと。



そう思ったけれど、
口にすることは出来なかった。


あの時父が煙草を吸っていたら、
少し幸せだったのかもしれないと。







JUGEMテーマ:つぶやき。
| 風信子 | - | 22:57 | comments(7) | - |
朝露



いつもより早く目覚めて
隣にいる人の寝顔を見ている。


何か言ったので、
え、と問い返すと
「回転焼きチンして」


音のない朝に身をゆだねている。
やがて、
もう、隣家では朝の支度にとりかかったのか。


産声か
蝉が鳴き始める。


今年、初めて蝉の声を聞いた。


さあ起きて、
少しでも草取りをしよう。





JUGEMテーマ:日々徒然
| 風信子 | - | 07:02 | comments(4) | - |
私達を慰めてくれた鉢、花たちへ
JUGEMテーマ:日々徒然




春分の日

夜空に輝く

星ひとつ

ごめんね

全ての鉢を

連れて行けなくて


 
| 風信子 | 短歌 | 22:35 | comments(6) | - |
そばにいてくれるだけでいい




キーちゃんがいなくなってしまった。


私は旦那さんの実家に30日から帰省していた。
翌日の大晦日、
私の実家に帰省している弟から
“キーちゃんが逃げた”とメールが届いた。


“キーちゃん”とは母が飼っていたセキセイインコの名前である。


父が認知症になって、母が介護している時期に、
それだけの生活だと余りにも母が精神的に追い詰められてしまうと思い、
割りと手のかからないセキセイインコを飼ったらどうかと勧めて
飼い始めたのだ。


動物は本当に人間を癒してくれる。
事実、キーちゃんが母と父の間に存在してくれた事で、
母は楽しみをみつけたようだった。


苦しい時や辛い時、
母はキーちゃんに語りかけたり、
キーちゃんが母になついてくれたことで
母は喜びを得ていたと思う。
しかもセキセイインコが人の言葉を真似るということが、
とても救いになっていた。




私がその場にいなかったし、
余りにも母が落胆していたので、
詳しい状況は分からないが、
大晦日の日にキーちゃんはウチの中から
大空へと飛び立ってしまった。


母がいうには、
キーちゃんは嬉しそうに飛んでいったそうだ。


母と弟は懸命に家の周りを探したようだが、
キーちゃんはみつからなかった。


キーちゃんを飼い始めた頃、
交番で迷子になったインコが預けられ、
そのインコが自分の飼われていた家の住所をしゃべったことから、
インコが飼い主の家に戻った事があるらしいと
母が話していたことがあった。


弟がキーちゃんの写真を引き伸ばして、
近所の交番と動物病院に届け出たらしい。




元旦、雪が降った。
セキセイインコは寒さに弱い。


この寒さで何も食べていないキーちゃんは
もう死んでしまったのではないかと母は電話口で泣いていた。


私には
キーちゃんは人懐こいから、
誰かの肩に止まったりして保護されているんじゃないか
そんなつまらないなぐさめの言葉をかけるしかなかった。


母は自分の姉にもキーちゃんがいなくなったことを話したそうだ。
すると伯母は、
“黄色い鳥は福を呼ぶというからみつけた人が飼ってくれているかもしれない”
そう言っていたそうだ。




父が亡くなり、
一周忌の法要を済ませ、
キーちゃんは自分の役目を終えたと思ったのだろうか。


確かにキーちゃんは母に福を与えてくれた。
いつも母のそばにいて、
無垢な黒い瞳で母を愛してくれていた。


母にとってキーちゃんを失ったことは
とても辛い悲しみなのだ。




このショックで母がボケてしまったらどうしようと
正直、不安に思う。


奇跡というものがあるならば、
キーちゃんよ無事でいて、
そしてもう一度母のもとへ戻ってくれないかと
祈ることしか私には出来ない。


去年の年末年始は
父の危篤状態で、お正月もなく
入院した父を心配し続ける日々だった。
そして今年の年末年始には
キーちゃんがいなくなってしまうなんて。


そんな悲しみで明けた新年が
母にとって幸多き年になるように祈ることしかできない。




キーちゃん
まだまだずーっとお母さんにはあなたが必要なんだよ。
だってあなたは
母の戦友であり、同志であったのだもの。



 
| 風信子 | - | 02:41 | comments(6) | - |
大事なこと





今日出会った大切な言葉





あなたの表現はあなた独特のもの。それをあなたが表現しなければ、世界はそれを失ってしまうのよ。それが良いか凡庸かを決めること、ほか の人の表現と比べることは、あなたの仕事じゃない(not your business). あなたの仕事は、あなたが感じることをダイレクトにクリアーに表現し続けることよ。


振付師:マーサ・グレアムの言葉












 
| 風信子 | - | 00:24 | comments(2) | - |
洗脳と平和



朝の連続テレビ小説
“花子とアン”を観ていると


如何に国民が徐々に洗脳されて、
戦争に向かっていくか。


そしてその中で
普通の市民生活を送っている人間が、
「戦争はいやだ」と思っても


それを貫き通して行くことが如何に難しいか


よく分かる。






JUGEMテーマ:日々徒然
| 風信子 | - | 13:08 | comments(2) | - |
耐えざるか




煙草喫み



ヤニ臭くても



夫辞めず



守るべきものが



なにもないのだ
 



JUGEMテーマ:日々徒然
| 風信子 | 短歌 | 11:50 | comments(0) | - |
トンボは勝ち虫、トンボは秋津



旅先で


いきなり目にした


トンボの大群


不意にあらわれてよ


逝った友よ





 
| 風信子 | 短歌 | 01:16 | comments(0) | - |
錆びた釘を飲みこむ





怠け者


人の幸せが


妬ましい


私の中の


電気くらげよ




 
JUGEMテーマ:日々徒然
| 風信子 | 短歌 | 21:42 | comments(2) | - |
夜の散歩をしようじゃないか



夜も11時を過ぎたというのに、
ビールが足りないからと
女一人で買いにでかけた。



まだ梅雨も明けきらぬ雨上がりの夜道
ポッポッポッと等間隔に並ぶ外灯が
私の行く道を照らすように灯っている。



涼しい夜風が、
酔いにほてった身体を冷やす。



何もそこまでと思うほど、
アスファルトやコンクリートで塗り込められたこの町に



それでも沢山の家々が隣り合い



誰かが植えた
木々や草花のカオリが



家人を癒す小さな庭の
濡れた土の匂いが



開放された夜に漂い
私を覚醒させる。



私はつい嬉しくなって
子どもの頃のようにビーサンを
パタンパタンと鳴らしながら、
何処までも歩いて行きたい衝動に
かられてしまうのだ。





ねえ、夜の散歩をしようじゃないか。











JUGEMテーマ:日々徒然
| 風信子 | - | 01:17 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ